アラサー カジュアルコーデ

アラサーのカジュアルコーデは、メイクを変えないと決まらない!

「おしゃれは足元から」という理由で毎年シーズンはじめに靴を買う美雪です。

 

さて、最近の女性誌では20代のファッション誌に載っている
人気のセレブ風コーデや、LAカジュアル、
ちょっとそこまでお出かけするワンマイルアイテムなどが、
30代、40代のファッション誌でもワードローブとして紹介されています。

 

ということは、20代と40代の女性のコーデがカブることもあるということ。

 

注意すべきなのは高級感のある素材だったり体型をケアするシルエット。

 

年齢とともに「アイテムの価格も少し高いものを着ればよい。」
というイメージがあるかもしれませんね。

 

しかし、若作りしているおばさんになるか、おしゃれなアラサーになるかの境目は、
洋服の価格だけではありません。

 

どちらかというワンシーズンものならプリプラで充分。
アラサーがカジュアルコーデをするときのポイントはずばりメイクです。

 

30年も生きてくると、ファンデやチーク、アイメイクなどは
自分の中でこれがイケてる!というお気に入りのものがあるはずです。

 

しかし、もしかしたらそれこそが、若作りのおばさんに見えるポイントかも。

 

注意ポイントは5つあります。

 

1.マット肌はNG
カジュアルコーデに通勤用のかっちりメイクはNG。
シミや小じわを隠すならコンシーラでピンポイントケアを。
日焼け予防にくすみ隠しに…と厚塗りはおばさん度を上げます。
全体的に透明感や素肌感を出して抜け感を演出するのがポイントです。

 

 

2.今年の眉にチェンジ!
ファッションは流行を取り入れても、眉はずっとそのままという人が多いですが、
これこそおばさんの特徴です。

 

今年は、太めで直線的な韓流女優の眉が人気。
黒眉はマスカラがトーンアップして茶眉がオススメ。

 

3.アイメイクも抜け感重視
目元にキラキラのラメや、アイライナーで目の周りを囲む目力メイクは、
ちょうどブームが過ぎたばかりなので一番イタい!と心得ましょう。

 

今年はラメではなくツヤ感がポイントです。

 

4.唇に旬のカラーを取り入れる
万人受けして、日本人の肌にもなじみやすいピンクベージュは、
オフィスモード限定にしましょう。

 

旬顔になれるビビットなレッドや、コーラル系にチェンジ!
このほうがカジュアルコーデになじみます。

 

 

5.ぱっつん前髪は老ける!?
若作りのために前髪を作る。という人がいますが、ぱっつん前髪はマイナスポイント。
毛先だけカールしたり、髪の下の部分だけボリュームを出すスタイルも重たい印象に。
カジュアルコーデには、軽さがポイントになります。

 

アップヘアで毛先に遊びを出したり、前髪に立体感や抜け感を
出すとこなれた印象になります。

SPONSORED LINK