春夏肌 秋冬肌 違い

春夏肌と秋冬肌の違いを知ろう

皆さんは、自分の肌質をすぐに説明する事が出来ますか?まあ、普通肌だと思っていても、
本当は隠れ乾燥肌だったり、オイリー肌だと思ってたのが、ただ単にスキンケア方法
が間違っていただけだった…など、多分、自分の肌質を理解していな人の方が多いんじゃないかなぁ、と。

 

ファンデーションやスキンケア用品には、夏用、冬用と種類があるように、私たちのお肌にも
「春夏肌」と「秋冬肌」があるんですよ。知ってました?

 

読んで字の如く、春夏肌は、春と夏にトラブルが多くなる「皮脂肌」で、秋冬肌は、
秋と冬にかけてトラブルが多くなる「乾燥肌」という事になります。

 

春夏肌の特徴は、顔がベタつくという事ですね。すぐに化粧が崩れる、毛穴が目立つ、
テカりやすい…などなど。

 

テカるのが嫌で化粧水だけで乳液をつけなかったり、朝でもしっかり洗顔する人が
居ますが、皮脂肌でもしっかりと保湿をする事は大切。

 

皮脂を落とす事で、更に皮脂を分泌させようという働きが活発になってしまうので、
顔の洗いすぎも気をつけて欲しい所です。

 

トラブルが落ち着いて、特にトラブルが無いようでも、保湿はしっかりね。
乾燥している季節は、お肌の奥が乾燥している隠れ乾燥肌も多いのです。

 

通年通して、保湿はしっかりと。これは鉄則。

 

秋冬肌の人は、小じわやシワが目立つなどのトラブルを通年抱えているのじゃないでしょうか?
乾燥を気にする余り、保湿やクリームを重ね塗りしてる…という方も居ますが、クリームの
塗りすぎも肌の乾燥を招きます。

 

乾いた肌に油分の多いクリームを塗っても、浸透しないですよね?砂漠にクリームを
塗っても潤いません。どうしたら潤うのか?と考えた時、やっぱり水分補給が大切なのです。

 

砂漠をオアシスにするには、やはり「水」が必要ですよね。

 

お肌も同じこと。水分補給がしっかりされていないと、クリームも乳液も浸透しずらくなって、
余計なトラブルを招きます。

 

私も乾燥肌なので、冬は特にクリームの重ね塗りをしてしまうんですが、
適量を付ける様になってから、乾燥が少し落ち着いた気がします。

 

お肌状態によってもスキンケア方法は全然違ってくるので、自分の肌質を把握
しておく事は大切な事です。

 

せっかく良いスキンケア商品を使っていても、知らず知らずにその効果を妨げる
事になってしまうかもしれません。

 

どの状態の肌にも言える事ですが、女性のお肌の状態は季節や体調によって
変わり易いものなんですよね。

 

今日は乾燥してるな、って時にさっぱりタイプのコスメを使ってもダメだし、
ちょっと今日はベタベタするな…という時、しっとりタイプのコスメを使っても逆効果ですよね。

 

なので、なるべくなら自分のお肌の状態によってケア方を変えれる様に、
化粧品もさっぱりタイプとしっとりタイプ、両方揃えておきたいものですね。

 

「そんなムダ遣いできないよ〜!!」という人が大半だと思うので(笑)
乾燥した時はこのクリームを使う、だったり、乾燥していない時は化粧水と乳液だけ…
という風に、ラインで揃えておくと便利だと思います。

 

SPONSORED LINK