コンシーラー シミ  隠す

コンシーラーでシミは隠せません

いくらカバー力が強い化粧品を使っても、シミが上手に隠れてくれない…。

 

そこで皆さんは「諦めて外出する」「コンシーラーで頑張って目立たない様にする」の、
どちらかを選択されると思います。

 

まぁ、大多数の人は頑張ってコンシーラーで隠しちゃいますね。
私は諦めてそのまま外出してしまいますが(笑)。

 

けど、どんなに良いと言われるコンシーラーを使っても、綺麗になるどころか逆に
その部分だけ目立ってしまった、なんて事はありませんか?

 

そうなんです、コンシーラーではシミは隠せません。

 

というか、シミは今販売されている化粧品では隠すことは出来ません。
薄いシミならなんとかなると思いますが、大体は完全には隠れてくれませんよね。

 

逆に部分的にコンシーラーをつける事で、ファンデーションの肌色と合わなかったり
すると悲惨です。

 

ファンデーションと同じ色味のコンシーラーを探すのも一苦労なんですよねー。
じゃあ、どうやって隠せばいいのか?!ってなりますよね。

 

コンシーラーよりも、リキッドファンでを重ね塗りにしたり、フェースパウダーを
はたくだけでも、結構目立たなくなるものですよ。

 

よくテレビの美容専門かが、「ここでシミを隠すためにコンシーラーを塗って下さい♪」
なんて言って、コンシーラーを塗り塗り塗り塗り…。

 

あら、本当に目立たなくなった!!なんて思う事もしばしばありますが、
あれはスタジオの照明の光加減と、プロの美容家の腕によるものです。

 

私達一般人が同じテクニックを使っても、同じようにはなりません。

 

美容室もそうですよね?自宅で簡単にできるヘアセットを教えてもらったのに、
いざ家に帰って試してみると、思うように行かなかった…という経験、
誰でもあると思います。

 

今は結構器用な人も多いので、美容室でやったのと変わらない位のヘアセットを
自分でやっちゃう人も居ますが。私もその内の一人です(笑)。

 

ですが、使っている物も所詮市販で売っている物だし、ヘアセットも見様見真似で
やっているだけなので、やはりプロのセットと比べるととっても雑です(泣)

 

プロの方が使っているものは、全てこだわり抜かれた非売品の物が多いですからね。
特に、お化粧のテクニックに関しては、やはり難しいです。

 

話が大分逸れてしまいましたが(笑)。シミを隠すと考えるのではなく、作らない、
今あるシミを薄くする事をまず優先的に考えておった方がいいんじゃないのかなー
なんて思います。

 

シミも綺麗に隠れるコンシーラーなんてあったら、私も使ってみたい位ですから(笑)。

SPONSORED LINK