クリーム 厚塗り 垂れる

クリームの厚塗りは顔が垂れるよ

綺麗な肌を保ちたいというのは、女性にとっては永遠のテーマです。

 

若い頃は夜更かししても大丈夫だったのに、ある程度年齢を重ねると、
夜更かししたらすぐ肌荒れを起こす…など、やはり年を重ねる毎に
肌ケアは大切になって来ます。

 

ネットや美容サイトでも良く見かけると思いますが、お肌のシミやシワの
原因は、肌の乾燥によるものが多いですよね。

 

若い頃はプリプリだったのに、年を重ねると段々水みずしさが無くなっていく…
かくいう、私もそうです(笑)あんなにピチピチだったお肌はドコへやら…

 

なので、「保湿!!保湿!!」と騒いでは、化粧水をパシャパシャした後は
「これでもか!!」っていう位、保湿クリームを塗りたくっていました。

 

そりゃ、顔中テカテカになる位(笑)

 

それでも、数時間後にはサラサラになるので、「あーやっぱり乾燥してるんだなー、
うんうん♪」と、自分の肌ケアに満足していたのですが…

 

実は、保湿クリームの塗りすぎが、肌年齢を高めているって、知っていましたか?
この話を聞いた時、もう飛び上がる程ビックリしましたよ。

 

「えっ?何で?保湿大切じゃないの?!」と。

 

今までのケアは間違っていたのかー?!だとしたら、大変な事ですよ。
世の中の女性はきっと、皆私と同じケアをして満足しているに違いない!!

 

もし間違った肌ケアなら、私がなんとか皆さんにお伝えしなければ!!(無駄な使命感…)
…で、調べてみました。まず、肌のターンオーバーという言葉はご存じですよね?

 

28日周期で肌が生まれ変わる構造です。赤ちゃんや、若い子の肌を見ていると、
何もしていないのにプリプリで綺麗ですよねー。

 

中には化粧水もクリームも塗らないというツワモノも…

 

化粧水を塗らないのはどうかと思いますが、過度な保湿ケアは実は、
肌にとっては毒なのです。

 

保湿クリームを塗りまくっていると、老化した肌細胞が留まってしまい、
余計乾燥してしまうんだとか。

 

確かに、塗っても塗っても乾燥した感じが取れなかったなぁ…

 

おまけに、お肌も垂れる原因になるそうです。確かに、お風呂にずっと
浸かっていると、指の先なんかがふやけますよね?

 

そんな感じで、常に保湿!!保湿!!クリーム!!クリーム!!…だと、やっぱり肌も
怠けて「テロ〜ン」となってしまう、という訳です。

 

そう言われてみれば、クリームは「油分」ですからね。
油を塗りたくっているようなものですよね…。

 

お肌のターンオーバーを崩さず、綺麗に保つ方法は、水分補給が一番だそうです。
クリームよりも、化粧水をたっぷりと使い、肌に水分補給をしてあげましょう。

 

クリームは、水分蒸発を防ぐためのサブアイテムって事なんですね。

 

SPONSORED LINK