ダブル洗顔 汚れ 落ちない

ダブル洗顔しても汚れは落ちないよ

ダブル洗顔でお肌スッキリ!!…なんて化粧品のCMを良く見ます。
化粧品のCMに起用されている芸能人って、お肌が凄い綺麗ですよね〜。

 

なので、「コレを使ったら私も美肌になれるかしら?!」と思い、つ
いつい購入してしまう私ですが…

 

でも、ダブル洗顔したら本当に汚れは全部落ちるの〜?と、ふと思いました。
クレンジングで化粧を落とし、洗顔でクレンジング剤を落とす。

 

響きだけなら、汚れはしっかりと落ちてくれそうな気もします。
…ですが、ファンデーションなどの化粧品は、言い換えると油で出来ています。

 

油は油で落とした方が良く落ちる。その原理でオイルクレンジングを使う。

 

うーん…じゃあ、油を洗顔で落とす事は…どうなんでしょうね?
全く畑が違う気がしてきますが…

 

そこで、ちょっと調べてみました。ダブル洗顔が本当に効果があるのか?っていう事を。
結論から言いますと、汚れは落ちません。「えー?何で?!」と思う方も多いでしょう。

 

「泡立ち抜群!!汚れ落ち抜群!!」と謳い文句の洗顔剤が、実は汚れが落ち
にくものだった…なんて、信じられないですよね。

 

実はこの原因は、合成界面活性剤とやらにあるのです。「なんだそれ?」と
思う人も多いでしょう。要は化学物質って所ですかね。

 

天然成分の配合されたクレンジング剤や洗顔剤、これらはきちんと汚れを落としてくれます。
ですが、使用感がイマイチで、作るにも手間やコストがかかる。

 

天然成分のものは、泡立ちも悪い。と、言う事で活躍するのが界面活性剤。
これを混ぜる事によって、保湿感が出たり泡立ちが抜群に良くなる上に、
大量に安く制作する事が可能になるんです。

 

でもそれって、「泡立ち」や「保湿感」に囚われているだけであり、本来の洗浄力はどこへ?
っていう感じに…。そこで、洗浄力も高める為に合成界面活性剤を入れる他無いのです。

 

お肌に優しい泡洗顔♪洗顔後も化粧水無しでもつっぱらない♪なんていう
洗顔剤を良くみますが、事実を知ってしまうと恐ろしいですよね?

 

合成物質を使い続ける事により、肌も慣れてしまい、汚れが落ちにくくなってしまうのです
。最初はあんなに綺麗に落ちていたのに〜!!という結果に…。

 

それなら、台所用洗剤を泡立てて使った方が、汚れは落ちそうな気がしてきました。
肌には絶対悪いと思いますけど。(笑)

 

う〜ん…。やっぱり、コストも高いけれど、天然成分が入った化粧品を使ったほうが、
肌には良さそうですね〜。汚れは肌の大敵ですからね!!

 

基礎化粧品に力を入れるよりも、原点である「洗顔」に力をいれた方が良さそうです。

SPONSORED LINK