UVコスメ ダメージ

UVコスメは、肌へのダメージが大きいよ

夏場になると気になるのが、紫外線対策。今はファンデーションにもUV成分
が配合されていて、お化粧するだけで日焼け止めもできちゃう一石二鳥なコスメも
増えてきていますが、果たして巷で言われる「UVコスメ」って、お肌に良いの?と思いませんか?

 

今は日焼け止めだけど、ファンデーションのカバー力もあるBBクリームというのが
流行っていますよね。

 

あれ一本で乳液、化粧下地、ファンデーション、物によってはエイジングケアまで
してくれるんですから、お肌にとっては相当負担も減りそうですよね。

 

そもそもUVコスメには、紫外線吸収剤だったり、活性剤だったり、化学成分がたっぷりと
含まれている訳です。

 

よく、「赤ちゃんでも使える日焼け止め」なんていうのもありますが、成分を見ると、
実は一般的なコスメ商品の方が肌に良かった…なんて事もあります。

 

紫外線防御指数、いわゆるSPFの事ですが、この数値が高ければ高いほど、
化学成分も多く配合されている、という事になるのです。

 

お肌に優しいウォータータイプ、といっていても、着け心地が軽いだけで、
一般的なコスメ商品より、お肌へのダメージは大きいです。

 

SPF50の日焼け止めなんて、山登りでもしない限り、怖くて使えません(笑)
成分が強力になればなる程、クレンジング剤でも落としにくかったりしますからね。

 

それなら、UV効果のあるコスメ商品の方が、お肌への負担は少ない、
っていう事です。

 

日常生活では、せいぜいSPF20位で丁度良い位でしょう。
SPF20なら、わざわざ負担の大きいUVコスメを選ばない方がいい、
と私は思います。

 

「ファンデーションは塗ってません!!日焼け止めだけです!!」なんて聞くと、
肌が綺麗なんだな〜と思いがちですが、実はファンデーションを塗るよりも
肌ダメージが大きいのです。

 

外出しない日にお化粧するのはめんどくさい!!と思いがちですが…。
ネットや通販でも、最近は天然成分にこだわったUVコスメもあるので、
一概にダメージがある!!とは言えません。

 

自分自身で使って貰うのが、一番良いと思いますよ。

 

何にせよ、紫外線を直接浴びる方がお肌にとってのダメージは大きいと思うので、
そのリスクを思えば使わざるおえないですよね…。

 

結局、お肌を綺麗に見せる・保つ事は、それなりのリスクがあるという事を
理解していた方が良さそうです。

 

技術は進歩しましたが、ノーダメージの化粧品なんて、存在しないのですから。
日々のスキンケアを怠らない事。これが一番のリスク回避だと私は思っています。

SPONSORED LINK